相手にイエスと言ってもらうには、自分が伝えたいと思っていることが、そのまま相手に伝わることが理想です。

「この自動車は、あなたの人生を変えます」と言って、相手の人生がバラ色になることを考えているとしましょう。
その言葉を聞いた人が、その自動車で事故を起こして人生が転落していることを想像していたらどうでしょうか。

とてもイエスと言ってはもらえないでしょう。
「そんなことあるわけないでしょう!」と思うかもしれませんね。

でも、伝える人の認識と聞く人の認識は、驚くほどズレているものです。
こんな実験があります。

スタンフォード大学心理学部の大学院生は、被験者を「叩き手」と「聞き手」に分けました。
叩き手は、テーブルを叩いてリズムをとります。

たとえば、「ハッピーバースディ」のような有名な曲を、曲を口ずさまずに、その曲のリズムをテーブル叩きによって聞き手に伝えるのです。

聞き手は、テーブルを叩いている音を聞いて、曲名を当てる、という実験です。
120曲行いました。

どの程度当たると予想しますか?
叩き手は、半分は正解するだろう、と予測しました。
結果は、どうだったでしょうか?

結果は、120曲のうち、正解は、わずか3曲でした。
正答率は、2.5%。

伝え手と聞き手の認識がいかにズレているか、を表しています。

私たちは、この実験と同じようなことを普段の会話で行っているかもしれない、ということです。

「ちゃんと話したんだから、わかってくれているはず」と、思っても、違う趣旨の話として伝わっていることがあるのです。

しかし、それでは、正確に情報を伝達できませんし、相手にイエスと言ってもらうこともできません。
相手によく質問して相手の認識を理解し、相手の認識を前提として話をしていかなければなりません。

そして、相手が受け入れやすい提案をしなければなりません。
言いたいことを正しく伝え、相手にイエスと言ってもらいたい、という人は、ぜひ、今月発売する次の本を読んでみてください。

ぜひ、事前にご予約を。
「気持ちよく「はい」がもらえる会話力」(文響社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4866510404/

【編集後記】

たまに会食の場所が「食べ放題」の店の時があります。
私は少食なので、完全に食べ放題負けします。

牛丼や「ミニ牛丼」だし、コース料理は食べきれないほど少食です。
たくさん食べられる人は、人生の楽しみが多いだろうなあ、と羨ましく見守っています。

食べられないものは仕方ないので、一食一食を大切にしていきたいと思います。

日々、知識を磨いていきたいと思います。
(*・`д・)ガンバルッス!!

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

関連キーワード
話し方の関連記事
  • いかにズレているか?
  • 人を動かす4つの質問力
  • 夢をかなえる質問
  • 話してないのに雑談上手?
  • 会話が続くとっておきの方法
  • 話し合いは短い方がいいか?
おすすめの記事
「結論から話せ」は正しいか?
話し方
「話し方」の書籍などを読むと、人を説得したり、わかりやすく話したりするためのテクニックが書いてあります。 話し方の本は、様々な分野で活躍して...
●●は質問が7割!?
交渉
皆さんは「交渉に強い人」と聞いて、どのようなタイプの人を想像しますか? 多くの人が考えるのは、交渉の場面で、押して、押して、押しまくり、自分...
即レスするには?
心構え
私が仕事の上で心がけていることの一つに、来たメールにできる限り早く返信する、いわゆる「即レス」があります 私だけではなく、即レスは多くの人が...
いかにズレているか?
話し方
相手にイエスと言ってもらうには、自分が伝えたいと思っていることが、そのまま相手に伝わることが理想です。 「この自動車は、あなたの人生を変えま...
断固たる拒絶にあったら?
交渉
交渉は、利害が異なるもの同士が諸条件をすり合わせ、何らかの合意を目指すものであり、対立点があっても粘り強く進める必要があります。 しかし、交...
感情の手当をする
交渉
交渉において注意すべきことにとして、相手の感情があります。 金額などの条件にそれほど異論がなく、理性的に考えればよい条件であっても、感情面が...
筋トレは週3回はなぜ間違いか?
心構え
私は最近、筋トレが習慣になっています。 その頻度は、週6回。 ほぼ毎日、前回に行ったトレーニングよりも1キロでも重く、1回でも多く負荷をかけ...
マインド
資格取得、英語の習得、あるいはダイエット、筋トレ等々、人は様々な目標を持ち、そのための行動を始めます。 そして、その多くは挫折します。 この...