直感

今回取り上げるのは、俳優としてのみならず、武道家・格闘家、思想家として、死後40年を過ぎても衰えぬ影響力を持つブルース・リー。

彼の代表作『燃えよドラゴン』の、有名な台詞について考えてみたいと思います。

と、ここまで読んで、すでにピンと来た人も多いと思いますが、この言葉です。

「Don’t think ,Feel(考えるな、感じろ)」

この台詞が出てくるのは、映画の中での修行シーン。

弟子が繰り出した技を、リーがいとも簡単によけ、教え諭すように発せられます。
この言葉は、格闘技のアドバイスとして聞くと当然のことともいえます。

相手が攻撃を仕掛けてきたとき、頭で考えてからよけているようでは、とても間に合いませんし、攻撃する時も、相手のスキができるのは一瞬。

考えてから技を出しては、有効打にはならないでしょう。

しかし「Don’t think ,Feel」は、単なるカンフー映画のセリフではなく、彼の思想を端的に表す言葉として広く知られるようになりました。

それはやはり、この言葉が多くの人、あらゆる分野において示唆を与えるような、深い精神性を持っているからでしょう。

私は、「Don’t think ,Feel」は、ビジネスについて考えるときも示唆に富んでいると思います。

新しい事業を立ち上げる場合、理屈で「これは成功するはず」と考えていても、心が決まらないと、実際に行動はできません。

あれこれ考えすぎることで行動が遅れてしまい、チャンスを逃してしまうことも多々あります。

私自身のことを考えても、今までうまくいった事件処理やビジネスは、会議で考えて決めたものというより、直観的にひらめいたものが多いようです。

ことビジネスで、考えずに行動するということは、批判の対象ともなりがちですが、ひらめきや直観は、決して軽視すべきではないと思います。

もちろん、事業は直感だけでは成功しません。

それを補完するのが論理的思考です。

リスクを計算したり、一定のゴールに向けてリソースを配分し、効率的に実現する方法を考えたりといったことが、これにあたります。

しかし、直観やひらめきに際し、自らの態勢が行動に向いていないと、これらの思考は「机上の空論」となってしまうでしょう。

直観はその人が今まで学んだこと、訓練してきたこと、経験してきたこと、すべてが一瞬に反映されるものです。

往々にして、何時間考えるよりも、深く物事の本質をとらえることがあります。
その一瞬で、勝負の大半が決しているといっても過言ではありません。

「Don’t think ,Feel」

の精神で、常に成功へ向けた行動ができるビジネスマンは、まさに理想。

私もまだまだ自信があるとはいえません。

その境地に少しでも近づくため、日々「修行」を積んでいきたいと思っています。

「行動に裏打ちされた現実的な夢追い人であれ」(ブルース・リー)

【編集後記】

東京では、週末、絶好のお花見日和でした。
事務所の近くに靖国神社があるのですが、多くの花見客で賑わっていました。

出店も多く出ていて、繁盛したでしょうね。
日本人は桜が好きなのですね。

残念ながら、私はまだ桜を見たりして「いいな~」とか、感じられません。
感性が低いのでしょうか。

もう少し歳を取ったら、桜の良さがわかるかな?

でも、引退するまでは、仕事に没頭したいと思います。
(*・`д・)ガンバルッス!!

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

関連キーワード
マインドの関連記事
  • 誰を説得する?
  • ある国の国税庁が使った心理法則
  • 無力感からの脱出
  • 動きで怒りを制御する方法
  • スターバックスは諦めない?
  • なりたい自分になるには?
おすすめの記事
思い切り泣いていますか?
その他
「泣きながらパンを食べたことのない者、 夜な夜な涙で枕をぬらしたことのない者には、 人生の本当の味はわからない」 ゲーテ『ヴィルヘルム・マイ...
本題に入る前に
交渉
交渉では、様々な条件について、双方とも自分が納得できる、なるべく有利な合意に持ち込むことを目指して行われます。 そして、その駆け引きは、具体...
教えることの効用
心構え
ビジネスである程度経験を積み、スキルを身に付けると、職場で部下に指導するといった「教える」機会が増えます。 私も、職場ではもちろん、セミナー...
ニュースの読み方
心構え
最近、社会で起こる出来事のニュースをどこで知るか、について、色々な立場があるようです。 昔は、皆新聞を読んでニュースを知りました。 あるいは...
本番に強くなる方法とは?
マインド
世の中には「ここぞ」という場面で自分の力を100%出し切れる「本番に強い」と言われる人がいます。 逆に、本番になると緊張してしまい、本来の力...
『ぐりとぐら』に学ぶ
人間関係
「目の前にいるかわいい子どもたちを 喜ばせたいと思って・・・」 絵本作家なかがわ りえこ この頃、絵本にこっています。 前にも紹介したことが...