直感

今回取り上げるのは、俳優としてのみならず、武道家・格闘家、思想家として、死後40年を過ぎても衰えぬ影響力を持つブルース・リー。

彼の代表作『燃えよドラゴン』の、有名な台詞について考えてみたいと思います。

と、ここまで読んで、すでにピンと来た人も多いと思いますが、この言葉です。

「Don’t think ,Feel(考えるな、感じろ)」

この台詞が出てくるのは、映画の中での修行シーン。

弟子が繰り出した技を、リーがいとも簡単によけ、教え諭すように発せられます。
この言葉は、格闘技のアドバイスとして聞くと当然のことともいえます。

相手が攻撃を仕掛けてきたとき、頭で考えてからよけているようでは、とても間に合いませんし、攻撃する時も、相手のスキができるのは一瞬。

考えてから技を出しては、有効打にはならないでしょう。

しかし「Don’t think ,Feel」は、単なるカンフー映画のセリフではなく、彼の思想を端的に表す言葉として広く知られるようになりました。

それはやはり、この言葉が多くの人、あらゆる分野において示唆を与えるような、深い精神性を持っているからでしょう。

私は、「Don’t think ,Feel」は、ビジネスについて考えるときも示唆に富んでいると思います。

新しい事業を立ち上げる場合、理屈で「これは成功するはず」と考えていても、心が決まらないと、実際に行動はできません。

あれこれ考えすぎることで行動が遅れてしまい、チャンスを逃してしまうことも多々あります。

私自身のことを考えても、今までうまくいった事件処理やビジネスは、会議で考えて決めたものというより、直観的にひらめいたものが多いようです。

ことビジネスで、考えずに行動するということは、批判の対象ともなりがちですが、ひらめきや直観は、決して軽視すべきではないと思います。

もちろん、事業は直感だけでは成功しません。

それを補完するのが論理的思考です。

リスクを計算したり、一定のゴールに向けてリソースを配分し、効率的に実現する方法を考えたりといったことが、これにあたります。

しかし、直観やひらめきに際し、自らの態勢が行動に向いていないと、これらの思考は「机上の空論」となってしまうでしょう。

直観はその人が今まで学んだこと、訓練してきたこと、経験してきたこと、すべてが一瞬に反映されるものです。

往々にして、何時間考えるよりも、深く物事の本質をとらえることがあります。
その一瞬で、勝負の大半が決しているといっても過言ではありません。

「Don’t think ,Feel」

の精神で、常に成功へ向けた行動ができるビジネスマンは、まさに理想。

私もまだまだ自信があるとはいえません。

その境地に少しでも近づくため、日々「修行」を積んでいきたいと思っています。

「行動に裏打ちされた現実的な夢追い人であれ」(ブルース・リー)

【編集後記】

東京では、週末、絶好のお花見日和でした。
事務所の近くに靖国神社があるのですが、多くの花見客で賑わっていました。

出店も多く出ていて、繁盛したでしょうね。
日本人は桜が好きなのですね。

残念ながら、私はまだ桜を見たりして「いいな~」とか、感じられません。
感性が低いのでしょうか。

もう少し歳を取ったら、桜の良さがわかるかな?

でも、引退するまでは、仕事に没頭したいと思います。
(*・`д・)ガンバルッス!!

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

関連キーワード
マインドの関連記事
  • 誰を説得する?
  • ある国の国税庁が使った心理法則
  • 無力感からの脱出
  • 動きで怒りを制御する方法
  • スターバックスは諦めない?
  • なりたい自分になるには?
おすすめの記事
なぜ運の良い人の近くに?
心構え
先日、ある人に「どうして社長についていこうと思ったのですか?」と質問したところ、「社長は運がいいから」と帰ってきました。 なるほど、ビジネス...
夢をはっきりと紙に書く。
その他
「明確な目標や願望を持たない人に、成功はあり得ない。」 ナポレオン・ヒル 夢を紙に書くと現実になる、と多くの成功者が言います。 皆さん、実体...
ポジティブシンキングの間違い
マインド
こんにちは。 弁護士の谷原誠です。 私はよく人から「ポジティブ・シンキングですね」といわれることがあります。 自分の性格について、あまりその...
継続はなぜ苦しいか?
心構え
私は最近、自宅で、平均週6回の筋トレが習慣になっています。 久しぶりのトレーニングだったので、ちゃんと続くか不安はありましたが、何とか2年程...
交渉におけるしゃべりすぎの弊害
交渉
交渉において、起こりがちな失敗の一つが「しゃべりすぎ」。 自分に不利になるようなこと、しかもその場で言う必要のないことを口にしてしまい、交渉...
障害はマイナスではありません。
その他
ひとつの幸せのドアが閉じる時、 もうひとつのドアが開く。 しかし、よく私たちは 閉じたドアばかりに目を奪われ、 開いたドアに気付かない。 b...
ウサギとカメの真実
心構え
今回は、イソップ童話の「ウサギとカメ」についてお話しします。 ご存知だとは思いますが「ウサギとカメ」は、山頂までのかけっこで挑戦するという話...
ある国の国税庁が使った心理法則
マインド
どこに国でも、税金を滞納する人がいます。 各国の国税庁は、どうやって税金を回収するか、に苦心しています。 ある国の国税庁も、その例に漏れませ...