マイナス

イライラやマイナス感情が続くのは、それらを引き
起こす原因や人のことを考えてしまうからです。

つい、考えてしまうのはしかたがありません。
でも気づいたら、それらを考えるのはストップしましょう。

その方法を3つご紹介します。

1、物理的に離れる

たとえば、嫌なことがあった場所には極力行かない。

その思い出となる写真や品物を、目にふれさせない。

怒りが生じる原因となるものから物理的・感覚的に離れるのです。

2、別のことをしてみる

暇にしていると、嫌なことを思い出して
怒りが湧いてくることもあるでしょう。

そこで、暇をもてあそばないように、
常に何かをしている状態をつくります。

たとえば、趣味にたっぷり時間をとってみる。
スポーツで思いっきり身体を動かして、心身ともに
リフレッシュする。

前向きな友人と会って話をするのも元気が出ます。

3、考えすぎない

どうしても、何度も何度も頭の中で同じこと考えてしまうのであれば、
誰か信頼できる人に話を聞いてもらうといいでしょう。

たまっている怒りを吐き出して、ガス抜きするのです。

モヤモヤしていたものを全部出してしまうと、
頭も心もとてもすっきりします。

    

きっとよくなるヒント

                      
ネガティブな考えをストップする。

【出典】中井俊已著『イラッとしたとき やさしい気持ちになれる本』
  

世界初?・・これまでにない画期的な「男女別学習ドリル」が誕生!
http://www.t-nakai.com/gakken0107.html

Facebook「友だちに伝えたい心得」の「いいね」が、11400人。(感謝です)
http://www.facebook.com/kokoroe90

編集後記

講演のために、長崎に来ています。

「前向き・肯定的・感謝の心で元気に生きる」

というテーマでお話します。

とても楽しみです。

                        

読んでくださってありがとうございます!

今日も、あなたに良いことがたくさんありますように。

Vol.919

その他の関連記事
  • 失敗を恐れない
  • 今できないことも未来のあなたにはできる
  • 夢をはっきりと紙に書く。
  • 夢を思い描くと実現に近づく
  • 思い切り泣いていますか?
  • 疲れをいやす
おすすめの記事
本当にメールでいい?
交渉
「交渉」という言葉から、どのような光景を思い浮かべますか? 多くの方が考えるのは、会議室や応接室で、相手と面と向かって話し合いをしている光景...
交渉の権限はどこまでか?
交渉
今回は、交渉における決定権限についてお話します。 交渉の場で、頻繁に使われる「常套句」といえるものがあります。 よく使われる言葉は、使われる...
一流と二流に関するある視点
心構え
最近、書籍、ビジネス雑誌の記事で「一流、二流の違いとは?」といった内容のものをよく目にします。 「二流」というと言葉が強すぎると感じますが、...
交渉におけるクロスカウンター?
心構え
子供のころ、ボクシングマンガ「あしたのジョー」を夢中で観ていました。 主人公の「矢吹丈」が得意としていたのが、「クロスカウンター」というテク...
自分の話ばかりする人
未分類
こんにちは。弁護士の谷原誠です。 最近、当メルマガで「雑談」をテーマとして取り上げることが多くなりました。 そのため、お会いする方から、雑談...
抽象的か、具体的か?どっち?
心構え
皆様は、それぞれの職業で、技術や業務の習得のための勉強をしていることと思います。 新入社員の時や、仕事の内容が変わった時、毎日の仕事をこなす...
継続はなぜ苦しいか?
心構え
私は最近、自宅で、平均週6回の筋トレが習慣になっています。 久しぶりのトレーニングだったので、ちゃんと続くか不安はありましたが、何とか2年程...
目の前の利益に目を奪われる
心構え
ある山羊飼いが、自分の山羊どもを牧場に追って行った。 すると、野山羊が紛れ込んできたが、そのまま夕方、野山羊も一緒に自分の洞穴に追って帰った...