最近、社会で起こる出来事のニュースをどこで知るか、について、色々な立場があるようです。

昔は、皆新聞を読んでニュースを知りました。
あるいは、テレビのニュース番組ですね。

最近は、インターネットが発達し、かつ、スマホも高性能になり、いつでも、どこでもスマホでニュースに接することができるようになりました。

色々なニュースアプリもありますね。
私の場合は、媒体を使い分けています。

「やはり新聞を読まなくては」
「ネットで十分でしょ」

など、色々な意見があると思います。

でも、ここでもやはり、私は二者択一、三者択一ではありません。
目的別に使い分けます。

結局、ニュースに接するのは、「世の中で何が起こっているのか、世の中の動きを知る」ということが目的です。

そして、それを、自分の有限な時間の中でどう実現していくか、という問題です。
媒体は、それぞれ特徴があります。

新聞は、しっかりと内容が書かれています。
ネットニュースは、速報性に優れています。
テレビのニュースは、映像が優れています。

そこで、ネットニュースは、ニュースアプリを使い、隙間時間に速報を確認します。

新聞は、見出しをざっと見渡して、その中で気になるニュースを読み込みます。

そして、映像を観たい場合があるので、毎日ニュース番組を録画しており、その部分を観ます。

このように、自分の1日の時間の中で、目的に沿ってニュースに接しています。

たとえば、就職活動中なら、時間をかけて丹念に読み込み、基礎知識の習得に努めるかもしれません。

ちなみに、作家の佐藤優氏は、現役外交官だったころ、毎日5~6時間を色々な新聞を読む時間にあてていた、といいます。
驚異的ですね。

反対に、仕事が多忙で全く時間がない人は、ネットニュースで、だいたいの出来事だけチェックするかもしれません。
それも、人それぞれですね。

皆さんも、自分なりのニュースの接し方があると思いますが、他人の言うことを鵜呑みにせず、自分なりに考えて、自分なりにニュースに接する、ということが大切だと思います。

【編集後記】

次の書籍の原稿を脱稿したので、関連書を読む必要がなくなり、色々読みたい本を読んでいます。
やはり、読みたい本を読みたい時に読めるのは幸せですね。

私たち弁護士は、業務の必要上、普段から法律書を読まないといけないことも多く、読みたい本だけを読むことができません。
ずっと本が読めるよう、目を大切にしたいと思います。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

関連キーワード
心構えの関連記事
  • 交渉におけるクロスカウンター?
  • 質問すれば、真意を聞ける
  • 上司は仕事を減らそう
  • ニュースの読み方
  • 我慢が忍耐力を低下させる
  • ウサギとカメの真実
おすすめの記事
疲れをいやす
その他
疲れちょると思案がどうしても滅入る。 よう寝足ると猛然と自信がわく。 坂本龍馬  頑張れば、誰だって疲れます。 100メートルを全力疾走すれ...
会話が続くとっておきの方法
話し方
雑談の苦手な方が多数いらっしゃると思います。 そして、雑談が苦手な人の多くは、いざ、会話しても、 「会話が続かない」 「会話が途切れてしまう...
怒りに対処する?
心構え
怒りは人間の基本的な感情の一つ。 怒りの感情は人の心をかき乱し、正常な判断を阻害したり、人間関係を破壊してしまったりといった負のパワーをもっ...
「結論から話せ」は正しいか?
話し方
「話し方」の書籍などを読むと、人を説得したり、わかりやすく話したりするためのテクニックが書いてあります。 話し方の本は、様々な分野で活躍して...
交渉を整理するには?
交渉
交渉には、話し合うべき大小様々な争点があります。 争点に一つ一つ合意を積み重ね、パズルのように組み合わせることで全体の合意に至ります。 ここ...
才能と努力はどちらが?
心構え
人には誰でも「資質」や「適性」というものがあります。 たとえば、プロのアスリートに、小さいころ運動が苦手だったという人はほとんどいません。 ...
交渉におけるしゃべりすぎの弊害
交渉
交渉において、起こりがちな失敗の一つが「しゃべりすぎ」。 自分に不利になるようなこと、しかもその場で言う必要のないことを口にしてしまい、交渉...
敵が味方になる方法?
交渉
皆さんは「交渉相手はパートナーである」という言葉を聞いてどのような印象を持つでしょうか。 なんとなく「きれいごとを言っているな」と感じるので...