今回は、怒りのコントロールについてです。

怒りを感じた時、怒りを発散するため、サンドバッグを叩いたり、思いっきり怒鳴ってみたり、という方法は有効でしょうか。

感情を外に出して発散することは、なんとなく感情を鎮めるのに有効と思えます。

1990年代、アイオワ州立大学の心理学者、ブラッド・ブッシュマンは、怒りに関する実験を行いました。
その結果、怒りを生じさせた後、静かにしていた被験者よりも、怒りを生じさせた後にサンドバッグを殴らせた被験者の方が怒りが増幅したばかりか、怒りの対象ではない人にまで怒りをぶつけるようになったといいます。

つまり、怒りを生じた時に、暴れたり、怒鳴ったり、という行為は、怒りを発散させて鎮めるのではなく、逆に増幅する、ということです。

怒りを感じた時には、怒りに伴う行動を起こすと、怒りが増幅してしまう、とういうことです。

動きに感情がつられる、ということですね。
怒ったままでいたい人はいないでしょう。

では、どうすればいいでしょうか。

動きに感情がつられる、というのであれば、怒りを生じた時に、それを鎮めるためには、怒りを感じた時に怒る肉体の状態を起こさせないようにする、ということでしょう。

では、怒りを生じた時、私たちは、どのような肉体の反応が起こるでしょうか。

・怒りが生じた時には全身に力が入る。
・立ち上がって前のめりになる。
・呼吸が短く荒くなる。
・目尻が上がり、口角が下がる。

一般的には、このような傾向があるでしょう。

そうであれば、この逆の行動を取ってみましょう。

・仰向けに寝て全身の力を抜く。
・ゆったりとしたソファに腰掛けて、全身の力を抜く。
・深呼吸をし、その後もできるだけゆっくり深く呼吸する。
・口角を上げ、目尻を下げる。

これらの行動は、行動と感情が矛盾することになります。

怒りの感情と矛盾する肉体を動き、ということになります。

そうなると、心理学者であるレオン・フェスティンガーの「不協和解消理論」が適用されます。

私たちは、感情と行動が矛盾すると、気持ちが悪くなって、どちらかをどちらかに揃えて矛盾を解消しようとします。

とすれば、ここで、行動を維持できれば、感情がおさまるしかなくなるのではないでしょうか。

怒りと反対の行動を取り続けることで、感情がやむなく行動に合わせるしかなくなる、ということです。

また、 血糖値が低いグループは、高いグループに比べて3倍、怒りの程度が強いということです。

お腹がすいている時にイライラしたり、怒りやすくなる、というのは、よく経験することですね。

怒りが生じた場合には、糖質を摂取する、あるいは怒りやすい人は、糖質不足を避ける、ということも有効かもしれません。

このように、ちょっとした工夫で、怒りをコントロールすることも可能だと思いますので、普段、怒りを感じた時に試していただければと思います。

なお、下記の方法も有効です。

「怒りを覚えたら十数えよ。それでも怒りがおさまらなかったら、百まで数えよ。それでもだめなら千まで数えよ。」
【トーマス・ジェファーソン】

【編集後記】

先日、セブンイレブンのキムチ鍋を買って食べました。
なかなかの優れもの。
おろしニンニクと辛味を追加して食べたらおいしかったです。

値段:498円
カロリー:257Kcal

一食分とすると、カロリーが少ないですが、ダイエッターには嬉しい食事となるのではないでしょうか。
鶏団子鍋もあって、こちらは、

値段:430円
カロリー:172Kcal

さらにカロリー少ないです。
1日に必要なカロリー摂取量は確保して食べるようにしましょう。

仕事に支障が出る可能性があります。
(*・`д・)ガンバルッス!!

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

関連キーワード
マインドの関連記事
  • 誰を説得する?
  • ある国の国税庁が使った心理法則
  • 無力感からの脱出
  • 動きで怒りを制御する方法
  • スターバックスは諦めない?
  • なりたい自分になるには?
おすすめの記事
感情の手当をする
交渉
交渉において注意すべきことにとして、相手の感情があります。 金額などの条件にそれほど異論がなく、理性的に考えればよい条件であっても、感情面が...
決断する時間帯の不思議
交渉
1日のうちのどの時間を、どのような作業にあてればいいのか、についての一つの基準を提示します。 コロンビア大学のジョナサン・レヴァブとベングリ...
交渉におけるちゃぶ台返し
交渉
長い時間をかけた交渉が、様々な条件で合意を見て、いよいよ締結寸前。 しかし、交渉が佳境に入った状況で、何かのきっかけで相手が態度を急変させ、...
交渉妥結に向けた3つのポイント
交渉
交渉の目的は、利害の異なる当事者双方が、納得する落としどころを見つけ、何らかの合意点を見出すことです。 そこで今回は、交渉を決裂させず、妥結...
笑顔がうれしい
人間関係
笑うとストレスも発散されることが 医学的に証明されています。 心のモヤモヤやイライラが 笑いで吹っ飛んでしまいます。 あなたが笑うのはどんな...
膠着状態ではこの質問
交渉
交渉では、ある論点で双方とも譲らず、話が前に進まなくなる膠着状態に入ることがあります。 膠着状態のまま、進展しない状態が長く続けば、その交渉...
口に出す効用4つとは?
心構え
目標は、言葉にして口に出したり、紙に書いて貼ったり、人に発表するのが良いとよく言われます ビジネス書や自己啓発書などでも、さかんに勧められて...