ある山羊飼いが、自分の山羊どもを牧場に追って行った。
すると、野山羊が紛れ込んできたが、そのまま夕方、野山羊も一緒に自分の洞穴に追って帰った。

翌日は、ひどい嵐になったので、洞穴の中で山羊の世話をした。

山羊飼いは、野山羊を取り込んでしまおうと考え、自分の山羊どもにはただ飢え死にしないだけの食物しか与えず、野山羊たちには山盛りご飯を与えた。

嵐がやんで、皆を牧場に連れて行くと、野山羊たちは逃げて行こうとした。
そこで、山羊飼いは、野山羊たちに対し、

「お前たちは、並々ならぬお世話になりながら、自分を見捨てていくとは恩知らずだ」
と非難した。

すると、野山羊たちは、

「いいえ、私たちはそれだから用心するのです。
あなたは昨日、あなたのもとにやってきた私たちを、長い間あなたと一緒にいる者たちよりも余計にもてなしてくれました。

もし、そうだとすると、きっとあなたはまた他のものが後であなたに近づいてくると、私たちより彼らの方を選ぶことになるでしょう
と言った。

ここまで==

これは、イソップ寓話です。

はっとさせられますね。

私たちは、目の前の利益に目を奪われ、それを何とか得ようとします。

そして、そのための行動が、自分が大切にしなければならない人達への配慮を欠いた行動になってしまうことがあります。

これは、気をつけなければなりません。

常に、自分にとって何が大切なのか、誰を大切にしないといけないのか、という軸をしっかりとしておく必要があります。

そのための一つの作業が、「ミッションステートメントを書く」ということです。

そこを中心として、物事を考えていくことですね。

それが、「軸がぶれない」ということだと思います。

気をつけたいと思います。

【編集後記】

私のところに複数のメルマガが届きますが、タイトルに惹かれないと、あまり読まなくなりました。

情報過多の時代なので、取得する情報を取捨選択する習慣がだんだんとついてきているのでしょう。

皆さんも、おそらくそうではないでしょうか。
でも、まだまだ続けますよ。

今後ともよろしくお願い申し上げます。
m(_ _)m

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

関連キーワード
心構えの関連記事
  • 交渉におけるクロスカウンター?
  • 質問すれば、真意を聞ける
  • 上司は仕事を減らそう
  • ニュースの読み方
  • 我慢が忍耐力を低下させる
  • ウサギとカメの真実
おすすめの記事
ニュースの読み方
心構え
最近、社会で起こる出来事のニュースをどこで知るか、について、色々な立場があるようです。 昔は、皆新聞を読んでニュースを知りました。 あるいは...
自分をコントロールするいい質問とは
マインド
私は昨年出版した『「いい質問」が人を動かす』をはじめ、書籍等で、交渉や上司や同僚との関係、あるいは私生活など、あらゆる局面で、「適切な質問を...
仕事
どんな仕事も、 楽しくやる方法があるのよ。 映画『メリー・ポピンズ』より [br num="1"] 楽しくやる方法? どうすればいいんでしょ...
動きで怒りを制御する方法
マインド
今回は、怒りのコントロールについてです。 怒りを感じた時、怒りを発散するため、サンドバッグを叩いたり、思いっきり怒鳴ってみたり、という方法は...
心理を誘導する方法
交渉
雑誌プレジデントの2017年3月20号のタイトルは、「つまらない事ばかり、なぜ考えるか?」というものでした。 なぜか、わかりますか? 興味を...
生まれてきたことを肯定する
人間関係
満男「人間は何のために生きてんのかな」 寅 「難しいこと聞くな、お前は。 ・・・何と言うかな、あー生まれてきてよかった。    そう思うこと...
上司は仕事を減らそう
心構え
今回は、時間の使い方についてです。 仕事上、部下が増えるごとに、忙しくなってしまう上司がいます。 やるべきことが、どんどん増えてしまうという...
交渉の権限はどこまでか?
交渉
今回は、交渉における決定権限についてお話します。 交渉の場で、頻繁に使われる「常套句」といえるものがあります。 よく使われる言葉は、使われる...