ある山羊飼いが、自分の山羊どもを牧場に追って行った。
すると、野山羊が紛れ込んできたが、そのまま夕方、野山羊も一緒に自分の洞穴に追って帰った。

翌日は、ひどい嵐になったので、洞穴の中で山羊の世話をした。

山羊飼いは、野山羊を取り込んでしまおうと考え、自分の山羊どもにはただ飢え死にしないだけの食物しか与えず、野山羊たちには山盛りご飯を与えた。

嵐がやんで、皆を牧場に連れて行くと、野山羊たちは逃げて行こうとした。
そこで、山羊飼いは、野山羊たちに対し、

「お前たちは、並々ならぬお世話になりながら、自分を見捨てていくとは恩知らずだ」
と非難した。

すると、野山羊たちは、

「いいえ、私たちはそれだから用心するのです。
あなたは昨日、あなたのもとにやってきた私たちを、長い間あなたと一緒にいる者たちよりも余計にもてなしてくれました。

もし、そうだとすると、きっとあなたはまた他のものが後であなたに近づいてくると、私たちより彼らの方を選ぶことになるでしょう
と言った。

ここまで==

これは、イソップ寓話です。

はっとさせられますね。

私たちは、目の前の利益に目を奪われ、それを何とか得ようとします。

そして、そのための行動が、自分が大切にしなければならない人達への配慮を欠いた行動になってしまうことがあります。

これは、気をつけなければなりません。

常に、自分にとって何が大切なのか、誰を大切にしないといけないのか、という軸をしっかりとしておく必要があります。

そのための一つの作業が、「ミッションステートメントを書く」ということです。

そこを中心として、物事を考えていくことですね。

それが、「軸がぶれない」ということだと思います。

気をつけたいと思います。

【編集後記】

私のところに複数のメルマガが届きますが、タイトルに惹かれないと、あまり読まなくなりました。

情報過多の時代なので、取得する情報を取捨選択する習慣がだんだんとついてきているのでしょう。

皆さんも、おそらくそうではないでしょうか。
でも、まだまだ続けますよ。

今後ともよろしくお願い申し上げます。
m(_ _)m

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

関連キーワード
心構えの関連記事
  • 交渉におけるクロスカウンター?
  • 質問すれば、真意を聞ける
  • 上司は仕事を減らそう
  • ニュースの読み方
  • 我慢が忍耐力を低下させる
  • ウサギとカメの真実
おすすめの記事
話してないのに雑談上手?
話し方
アメリカの作家ジャック・ウッドフォードの言葉に次のようなものがあるそうです。 「どんな褒め言葉に惑わされない人間でも、自分の話に心を奪われた...
マイナス感情を引きずらないために
その他
イライラやマイナス感情が続くのは、それらを引き 起こす原因や人のことを考えてしまうからです。 つい、考えてしまうのはしかたがありません。 で...
夢を思い描くと実現に近づく
その他
夢を見ることができるなら、あなたはそれを実現できる。 ウォルト・ディズニー 夢はどうすればかなうのでしょう。 これまで夢をかなえてきた人たち...
生まれてきたことを肯定する
人間関係
満男「人間は何のために生きてんのかな」 寅 「難しいこと聞くな、お前は。 ・・・何と言うかな、あー生まれてきてよかった。    そう思うこと...
行動の断捨離はできない?
心構え
ビジネス誌や自己啓発書の定番のテーマの一つに「時間管理」があります。 「時間管理」という言葉の定義ははっきりとしていませんが、すべき仕事の優...
人間関係をスムーズにする
人間関係
相手に対する要求水準を 最初から低めに設定しておくことは、 人間関係をスムーズにする いちばんの方策だ。 by斎藤茂太 相手に100%を求め...
交渉を整理するには?
交渉
交渉には、話し合うべき大小様々な争点があります。 争点に一つ一つ合意を積み重ね、パズルのように組み合わせることで全体の合意に至ります。 ここ...
交渉におけるしゃべりすぎの弊害
交渉
交渉において、起こりがちな失敗の一つが「しゃべりすぎ」。 自分に不利になるようなこと、しかもその場で言う必要のないことを口にしてしまい、交渉...