ノウハウ本で失敗する方法?

自己啓発本や成功ノウハウ本はたくさんありますが、そういったものを読む人の目的はほとんど、自分が成功するためのヒントを得ることだと思います。

しかし、本を読んで、実際に成功につながる人もいますが、まったく成功につながらない人もいます。

その違いはどういったことにあるのでしょうか。

本を読んだことをきっかけに成功する人に共通していることがあります。

それは、本の内容をまず素直に読んで、そのまま実行しているということです。

逆に、成功につながらないのが、本を読んだあと、すぐに「この本は間違っている」「ほかの本にはこう書いてあった」といった「批評」をし始める人です。

いわゆる成功本のようなものは、少なくとも一度は成功している人が書いているもの。

だからこそ一読するに値します。

成功者の思考は、成功をしていない人と比べると先に行っているはずであり、成功していない人、行動をしていない人が、そのノウハウが正しい、間違っているなどと評価できるはずがありません。

本にもいろいろな種類のものがあります。

小説やエッセイなどであれば、ビジネス書とは読む目的が異なりますし、批評することにそれなりの意味もあるかもしれません。

しかし、ノウハウは実行して初めて意味があるものです。

人と違った発想で成功した人の書いた本は、これまでの自身の価値観と異なることが書いてあるのがあたりまえです。

否定的に批評するのは簡単なことですが、その瞬間、新しいものを自分に取り入れる可能性を排除してしまうことになります。

もし、本を読んでいるとき「これは実行できない」と本当に感じたのであれば、読むのをやめればよいだけの話。

「ほかの本に書いてあるほうが正しい」と思うのであれば、そちらの本に書いてあることを実行してみればよいのです。

残念ながら、「批評癖」のある人は、どの本に書いてあることも実行していないものです。

もちろん、本の通りにやって成功するとは限りません。

しかし、成功することもあります。

反対に、実行しない人には、決してその方法の価値はわかりません。

本の著者に近づくことはできないのです。

「批評壁」のある人は、私のこの文章も批評の対象にするでしょう。

しかし、一度、新たな自分を探すため、自分を変えるため、思い切って実行してみたらいかがでしょうか。

まず、今日、一冊を決め、「必ず実行する」と決意して読んでみてもよいかもしれません。

「チャレンジして失敗を恐れるよりも何もしないことを恐れろ」 
本田宗一郎

質問力を磨くには、これです。

日常の難しい会話に立ち向かうための1冊。

「夢をかなえる質問」(PHP研究所)
https://www.amazon.co.jp/dp/4569834949/

【編集後記】

もうすぐ、また新刊が出ます。
といっても、過去に出した本の新装版です。

最近、出版社の傾向として、過去に売れた本の新装版を出したり、マンガにしたり、というのが増えてきたように思います。

本が売れないので、ある程度売上の見込みが立つ方法を模索しているのだと思います。
また、出版されたらお知らせします。

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
そして、また次回もぜひ読んでください!

では、あなたに健康と幸せが訪れますように祈っています。

心構えの関連記事
  • 交渉におけるクロスカウンター?
  • 質問すれば、真意を聞ける
  • 上司は仕事を減らそう
  • ニュースの読み方
  • 我慢が忍耐力を低下させる
  • ウサギとカメの真実
おすすめの記事
上司は仕事を減らそう
心構え
今回は、時間の使い方についてです。 仕事上、部下が増えるごとに、忙しくなってしまう上司がいます。 やるべきことが、どんどん増えてしまうという...
会話が続くとっておきの方法
話し方
雑談の苦手な方が多数いらっしゃると思います。 そして、雑談が苦手な人の多くは、いざ、会話しても、 「会話が続かない」 「会話が途切れてしまう...
頭の中で何が起こっているか
マインド
ある時、地方のホテルに泊まった際、こんなことがありました。 最近、私はトレーニングをすることが習慣になっています。 そのホテルには備え付けの...
脳によって説得方法を変える
話し方
上司に企画や意見を通す際、あるいは部下に指示を出して動かす際に必要となるのが、説得力。 多くのビジネスパーソンが「説得力のある話し方」を身に...
一流と二流に関するある視点
心構え
最近、書籍、ビジネス雑誌の記事で「一流、二流の違いとは?」といった内容のものをよく目にします。 「二流」というと言葉が強すぎると感じますが、...
ピンチはチャンスは嘘?
マインド
「チャンスはピンチの顔をしてやってくる」という言葉があります。 そして、自分の経験に照らしてみると、その言葉は真実だと思います。 私には、苦...
ポジティブシンキングの間違い
マインド
こんにちは。 弁護士の谷原誠です。 私はよく人から「ポジティブ・シンキングですね」といわれることがあります。 自分の性格について、あまりその...
どこで勝った負けたを判断するか
交渉
交渉は、数時間で合意に達することもあれば、長期にわたることがあります。 相続に関する交渉などは、数年にわたり話し合いを続けることも珍しいこと...